未分類

メディカルミノキ5は20代の薄毛にも効果あり!若いうちから使うべき理由

更新日:

Pocket

「まだ20代だしメディカルミノキ5を使うのは早いよなー」

呑気に身構えているそこの君!薄毛対策は髪の毛があるうちから始めたほうがいいですよ。

若い人は薄毛対策をこのような順番で始めます。

育毛剤の流れは薄毛に悩む→生活習慣を変える→育毛シャンプー→育毛剤→発毛剤→AGAクリニック→カツラ・植毛

生活習慣を変えたり育毛シャンプーを使ったりするのは、現状維持にしかならず、髪の毛がフサフサのうちから行わないとほとんど意味がありません。

まだ気になり始めたばかりなら現状維持の対策でもOKですが、

「細くなってきた」

「頭皮がすけるようになってきた」

と思い始めたらアウトです。

ここではメディカルミノキ5を20代から使うべき理由を紹介します。残りの人生をフサフサのまま過ごすためのキッカケになれば幸いです。

 

薄毛に悩む20代は多い薄毛に悩む20代は多い

リーブ21が2015年に公表した「頭髪悩み度」調査によると20代で男性型脱毛症が進行していると感じている人の割合は29.6%にもなります

リーブ21が2015年に公表した「頭髪悩み度」調査

 つまり20代の男性4人に1人以上がシャンプーのときに抜ける髪の毛を見て落ち込んでいるということになりますね。

 

筆者自身22~23歳のころから生え際が後退してきたので、とても恥ずかしかったことを覚えています。髪の毛を伸ばして隠してたんですが、スカスカなんですよね。

結局短髪にしたほうが目立たないことに気付いて以来ずっと短髪ツーブロックです。 あっ、髪型の話じゃなかったですね。

 

20代で薄毛に悩み始めた人なら薄毛対策を自分で調べてすでにやっていると思います。シャンプーを変えてみたり、運動してみたり、ノコギリヤシや亜鉛といったサプリを飲んでみたり。

貴重な1日の大半を薄毛対策に費やしてませんか? わたしは髪が生えると言われていることをやっても全然効果を感じませんでした。

 

一般的な薄毛対策は髪の毛を維持する施策

例えばノコギリヤシサプリメント。

口コミや研究結果で「髪の毛が生えてきた」と説明しているサイトがたくさんありますが、ノコギリヤシの効果については医学的に発毛効果が認められていません。

もしも本当に効果があるなら、日本皮膚科学会ガイドラインに掲載されているはずですので、うさんくさい。というのが実情です。

育毛シャンプーも同じですね。頭皮環境を良くすることは間違いありませんが、育毛シャンプーだけでは髪の毛は生えてきません。 普段行っている薄毛対策は現状維持、もしくは進行を遅くするだけなのです。

 

髪の毛が薄くなってから回復するのは困難

AGAが進行して産毛もなくなってしまうと、その毛包から新しい毛は生えにくくなってしまいます。

もしかしたら「発毛剤を使うのはまだ早いだろ」と思っているかもしれませんが、気付いた時には毛が生えない状態になってしまっているかもしれませんよ。

 

髪の毛はどんどん薄くなっていきます。

わたしは「これ以上髪の毛を無くすわけにはいかない!見栄もプライドも捨ててやる!」とドラッグストアで発毛剤を買いに行きました。

結果的にそれが正解でした。髪の毛は増えストレスが減ったこともあり、あんなにスカスカだった頭皮が見えなくなりました。

 

まとめ

20代の人は「発毛剤を使うのは恥ずかしい」と思っているでしょうが、ハゲ頭で残りの人生を過ごすことのほうが恥ずかしいと思いませんか?

髪の毛がまだ簡単に生えてくるうちから発毛剤を使い、髪の毛の総数を増やすことで維持するのも楽になります。

メディカルミノキ5は第一類医薬品なので薬剤時の処方を受けなければ購入できませんが、こちらのアンファーストアからネットで手軽に手に入れられますよ。

簡単なチェックリストに答えるだけなので手続は5分程度で終わります。

具体的な購入方法はアンファーストアでチェックしてみてくださいね。

-未分類

Copyright© メディカルミノキ5を4ヵ月使った効果を大公開!30代若ハゲの育毛剤チャレンジ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.